激しいダンスでも取れないアイプチ!ウォータープルーフタイプがスゴイ

ダンス中にアイプチが取れてしまって困った経験はありませんか?

ダンスには激しい動きがつきものです。
アイプチを普段から愛用している方はダンスしたら取れてしまうのでは?
と心配してもともと使わないようにしている方も多いのではないでしょうか。
実際一般的なアイプチは水や汗に弱く、スポーツ時には取れてしまうことも多いのです。
とはいえやっぱりおしゃれとダンスは両立したいものですよね。

 

激しい運動でも取れないアイプチ

一方で激しく動いて汗をたくさんかいてもしまっても、プールに入ったとしても取れないアイプチが存在します。
ウォータープルーフタイプのアイプチです。
このタイプのアイプチは水や汗に強くスポーツ時にも安心して使えるよう開発されたアイプチです。
水や汗に強い一方でダブルクレンジングでしか落とせないなど、少し修正したい場合は不便なデメリットもあります。

 

おすすめのアイプチは?

このウォータプルーフタイプのアイプチの中でも、
特に強力なのがアストレアヴィルゴのアイビューティーフィクサーWPです。

 

アイビューティーフィクサーはとにかく接着力が強いと口コミで話題で、
長時間キープするならおすすめのアイプチなんです。
アットコスメでも1位になったことがあるほどの人気です。

 

デメリットとしては接着力が強いため水では落ちないので、落とすときが少し大変というところでしょうか。
また、のりでまぶたを貼り付けるタイプのアイプチなので使い心地に好みが分かれるところでもあります。

 

アイビューティーフィクサーの口コミをご紹介!

・8年くらいこれを使ってます。自然だし、落ちません。
・かなり粘着力が優れた商品です!一日中、二重をキープするにはもってこいでした!
・確かに維持力はあって、USJのジュラシックパーク(濡れる系ジェットコースター)乗っても落ちませんでした!(笑)

 

非接着・折り込み式のアイプチもあります!

まぶたを貼り付けるタイプのアイプチはちょっと使い心地が気に入らなかった場合や、
より自然な仕上がりになるアイプチをお探しの方におすすめしたいのが、
まぶたを貼り付けない通称非接着式と呼ばれるアイプチです。

 

もちろん非接着式アイプチにもウォータープルーフタイプのアイプチが存在します。おすすめはローヤルアイムシリーズです。
価格は3000円ほどとアイプチにしては少し高い価格帯ですが、口コミで評判が良くとにかく一度使ってみてほしいアイプチです。

 

ローヤルアイムの口コミをご紹介!

・コレがないと顔が完成しない!というくらい、私にとっては必要不可欠な物です。
・アイプチとは違ってまぶた同士がくっつかないし、すごく自然な仕上がり。
・もはや何度リピしたか分からない、ないと困る二重アイテムです。

 

(参考)接着タイプと非接着タイプ(別名:折り込み式)の違いについて

接着式はのりではりつけることで二重を作る方式です。一方で非接着式は塗った部分が乾く際の収縮を利用し二重を作る方法です。接着式と比べて突っ張り感が少ない、まぶたがたるみにくいといったメリットがあります。一方でのりタイプのものより価格は高くなるのでコスパの面では劣ります。

アイプチ図鑑より引用

 

非接着式と接着式で悩むときは?

アイビューティーフィクサーWPの方が1200円とお手頃価格なので、アイプチが初めての方はコスパで選んでも良いですね。
使ってみて使い心地など気になるところが出てきたらローヤルアイムに乗り換えるのもおすすめです。
液体系のアイプチは慣れるまである程度練習が必要なので、最初は上手くいかなくて諦めずチャレンジしてみてください。

 

日本人はアイプチ利用者が多いってほんと?

実は日本人は外国人と比べると生まれ持っての二重の人の数が少ないんです。
でもやっぱり二重の方が可愛くみられるという風潮はあるので、結果的にアイプチ利用者が多くなるんです。

 

あなたの周りの二重の人も、実はメイクやアイプチで作っているかもしれません。
アイプチを使うこと自体は恥ずかしくないのですが、友達の前でバレてしまうのは恥ずかしいものです。
ダンスなどの激しい運動やスポーツをされる前にはウォータープルーフタイプのアイプチを使うと安心です。

 

自分に合ったアイプチを探してみましょう!

アイプチなどの二重まぶた化粧品は使ってみないとわからないところがあります。
最近ではプチプラで買えるものも増えてきたので、ぜひ色々試してみて自分に合ったアイプチを探してみてください。